一条工務店と吉村 洋文 大阪府知事の共通点

Uncategorized

こんにちは!!

少しずつ緊急事態制限も解除されつつありますね。

私が住んでいる大阪府も21日に解除されました。

街に活気が出てきて嬉しいことですが、まだ油断大敵ですね。

今回は皆さんに有益な情報ではありませんが、気が付いたことを記事にしたいと思います。

コロナ渦の中で一躍注目を浴びるようになったのは、「吉村 洋文 大阪府知事」ではないでしょうか??

まだ44歳であの存在感は凄いです。

あの元大阪市長の「橋本 徹 氏」が称賛する程ですからね。

吉村知事の良い所は誠実さやリーダーシップだと思います。

また府民に寄り添っている感じが出ているため、府民も協力しようと一致団結している雰囲気になっています。

ふと、吉村知事を見ていると一条工務店と共通する部分があるように感じました。

それは、「わかりやすさ」です。

吉村知事の話し方は簡単明瞭であり的を得て説明します。

特に際立ったのが「大阪モデル」です。出口戦略で数値目標を掲げました。

この数値は府民にはわかりやすいです。客観的な数値があると目標がはっきりするので、いつまで続くかわからない自粛をもう少し頑張ろうと思わせてくれます。

第2波、第3波の懸念があり吉村知事のやり方には賛否両論ありますが、入口戦略も数値化して示しています。

この「わかりやすさ」と「客観的な数値」って、住宅展示場で一条工務店を見学された人は何となく共感できるのではないかと思いますが。

一条工務店の営業マンはとにかく一条工務店の素晴しさを数値を示して話してくれます。

特にC値やQ値が典型例です。

初めてハウスメーカー探しをしている素人にとってはとてもわかりやすいです。

「ホンマかいな!!」と思う瞬間もありますが、

あれ程自信をもって説明するくらいなので、嘘ではないと客は思ってしまう程です。

また、展示場の設備がほとんど標準仕様であるため、住んだ時をイメージしやすいという「わかりやすさ」もあります。

こういった「わかりやすさ」が一条工務店の良い意味での営業商法だと思います。

特に私のような理系の人間はやられてしまうと思います。

私はまんまとやられました。笑

家作りとコロナウイルスというのは今まで経験したことがなく、初めてのことで先が見えないという共通点があり、それを「わかりやすさ」が解消してくれているのかと感じました。

「わかりやすいさ」=「安心感」になっていたから「府民は自粛を頑張り」、「私は一条工務店を選んだ」と思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回、一条工務店と吉村知事をリンクさせましたが、一個人の意見なのでご理解下さい。

最後にアドバイスとして・・・

現在、ハウスメーカーを探している人は一条工務店を最後に見学した方が良いと思います。

性能が良すぎて「一条工務店しかない!!」と信者になってしまい、他のハウスメーカーを考えられなくなるので気を付けて下さい。

コメント