前面道路はやっぱり「公道」が安心

土地選び

こんにちは!!

今回は私が購入した土地の前面道路は公道なのですが、「やっぱり安心感が違う」と感じたので記事にしたいと思います。

もうある程度家作りが進んでいる方には当たり前の内容ですがお付き合い下さい。

一見、道路は大きさは違えど見た目は同じように見えます。しかし、建築基準法において「道路」とみなしていない所は建築が出来ないようになっています。

ただ道を作るだけでは「道路」ではなく行政に許可を貰って初めて「道路」として扱ってくれます。

建築基準法の道路の種類

42条第1項第1号道路法の道路(国道、県道、市道、町道、村道等)で幅員4m以上のもの
42条第1項第2号都市計画法や土地区画整理法などの法律に基づいて造られた道路で幅員4m以上のもの(開発道路)
42条第1項第3号建築基準法施行時に幅員4m以上あった道
42条第1項第4号道路法、都市計画法等で事業計画がある幅員4m以上の道路で、2年以内に事業が施行される予定のものとして特定行政庁が指定したもの
42条第1項第5号道路位置指定を受けたもので、幅員4m以上あるもの
43条第2項以前から存在していた幅員が4m未満の道路で特定行政庁が指定した道路

このように道路には色々あり、上記に該当する所にしか建築ができないことになっています。

それぞれの詳しい説明はもっと詳しいサイトがありますのでここでは割愛します。

一つ言えることは確実に「公道」なのは「42条第1項1号」しかありません。(第2号、第5号道路でも役所に引き継がれれば「公道」になる場合はあります)

私道にはメリットは少なく、デメリットの方が多いと言われています。

私道の最大のメリットは「自分の道路である」と主張できることです。もしこのような道路を通行する場合は持ち主の許可が必要になります。

しかし、開発道路などは「私道負担」として分割して所有することになるので、上記のような主張ができません。もし主張してしまうと周囲から反感を買います。そのため見た目は普通の道路として扱われます。

次に私道のデメリットは将来的に維持管理がかかるかもしれないことです。

道路の陥没などが起こった時はその私道負担をしている人が費用を負担するか、周辺住民で私道を共有している場合は折半して負担する必要があります。

分譲地などの開発道路の最初は綺麗に舗装されていますが、数十年後はどうなってるかわかりません。

急に思わぬ出費がかかる可能性があります。

整備する場合、基本的には住民は拒否はできないのですが、住民の中には「自分の家の前ではないので関係ない」などとトラブルになる可能性もあります。

そうならないように役所に引き継がれた「公道」になっているのかどうかを確認して購入を決めるべきでしょう。

されに維持管理の面以外にデメリットがあります。

建築する時に周辺住民の「合意」が必要になる私道もあります。合意書にそれぞれのサイン、捺印が揃って初めて建築ができます。

この「合意」がややこしいのです。

実は私には今の土地を購入する前に買い付けまで行った土地がありましたが結果的に白紙になりました。

その理由が「合意」でした。

私が買い付けした土地の迎えの土地は火事で空き地になっていました。

「火事になった」ことは聞かされていましたが、その時はあまり気にはしていませんでした。

しかし問題は買い付けの約半年後に起きました。

突然、不動産屋さんから電話がかかってきました。

そして第一声が「一度白紙にさせて下さい」と言われました。

もちろん私の頭の中は?マークで一杯です。

理由を聞くと「火事になった家の持ち主が亡くなってしまった」と。

さらに身寄りも居てないので相続する人がおらず、建築の合意が得られなくなったとのことです。

まさかと思いましたが、人の生き死にのことで仕方がないため、揉めることもなく土地は白紙になりました。

このようなことはめったに起きることはないと思いますが、可能性はゼロではありません。

この時に「道路は大事や!!」と痛感しました。

家作りの中で道路の種類まで意識して考えることはないと思います。

しかし、後々のトラブル回避や急な出費を考えると「公道」は不安がないので安心できます。

さらに土地を売る時も価値がでます。

マイホームに対する価値観は各家族それぞれ違うと思いますが、私個人の意見としてはマイホームは「安心」も含めて購入を検討する必要があるのかなと感じます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

私の伝えたいことは「家作りは道路選びから始まっている」ということです。

コメント