太陽光パネル+蓄電池セット価格 変更

一条工務店

こんにちは!!

今回は、以前に「太陽光パネル+蓄電池セット価格」の記事の続編です。

打ち合わせを進むにつれて変更があったので報告します。

前回の記事はリンクを貼っておきます。

太陽光パネル+蓄電池セット価格
こんにちは!!今回は我が家の太陽光パネル+蓄電池パッケージ価格(見積り)がどれくらいなったのかを記事にしたいと思います。電力革命とは一条工務店は2019年秋頃から「電力革命」という太陽光パネルと蓄電池をパッケージ化...

我が家の建物、太陽光パネルの条件 変更

  • 2階建て(東西に長い長方形)
  • 施行面積:29.18坪
  • 発電容量:9.0kW9.75kW

0.75kWだけ増やしました。

見積り 変更

1,749,000円(税抜き)→1,894,000円(税抜き)

差は145,000円

1kWあたり 変更

1,749,000÷9=約194,333円

1,894,000÷9.75=約194,256円

1kWあたりの単価はほとんど変わりはありません。10kW以上載せないと単価が安くならないのでしょうか??

現在は売電価格が下がってきているため載せれば良いという時代ではなくなっているそうです。

また我が家の場合、パワーコンディショナーの定格出力が8kWと変わらないため、太陽光パネルの量を増やすとピーク時にパワーコンディショナーの容量を超えてしまい、ピークカット(電気として使えず捨てる)する可能性もあります。

0.75kW増やして145,000円の売電収入のメリットを穴埋めできるかわかりません。

また実際にピークカットするのかは日照時間にもより、住んでみないとわからない部分があります。

それでも、私は太陽光パネルの量を増やすことに決めました。

太陽光パネルを増やした理由

①見た目

こちらの写真をご覧下さい。

太陽光パネルが9kWだった時のカラー立体図です。

ハイドロテクトタイルの色を変えている部分の上部はパラペット屋根となっています。

パラペット屋根は横のラインが出せることで、アクセントとして雰囲気を変えることができます。

しかし気になる箇所があります。

なんか変な所も色が変わっています。微妙ですがやっぱり気になります。設計士さんにも確認しましたが上記の状態になるとのことです。

実際に9.75kWにした時のカラー立体図はこれです。

確かに外観のアクセントがなくなり、のぺっとした感じになりました。しかし、私は案外こっちの方が気にっています。

②メンテナンス

パラペット屋根の上部は以下のようになっています。

一条工務店 タブレットより

なんとなく大雨が降った時に水が溜まりそうに見えませんか??雨樋があり排水されるようにはなっているとのことですが・・・

また葉っぱやゴミなどが溜まりそうではないですか??その葉っぱやゴミが雨樋を塞ぎ排水しにくくなる可能性があります。

実際にこの屋根に葉っぱやゴミが溜まっているのかはどうやって確認すれば良いでしょうか??

ハシゴをかけて昇れば確認できますが、危険を冒してまで定期的に確認するでしょうか??

さらになんといってもパラペット屋根はメンテナンス費用が必要とのことです。

パラペット屋根にはバルコニーと同様にFRP防水というバスタブや船にも使われている物を施行されていますが、10年~15年に一度塗り替えが必要であり約5000~6000円/㎡が目安とされています。

一方、太陽光パネル自体はほぼメンテナンスフリーと謳っています。

以上のことから9kWから9.75kWにしましたが、差額145,000円以上の価値があると思ったため、太陽光パネルの搭載量を増やすことにしました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

増やしたことでメリットが出てくるかは住んでみてからの楽しみにします。

コメント