我が家の間取りと採用オプション②-3

間取り

こんにちは!!

今回は「リビング編」、「ダイニング編」に続き「キッチン編」となります。

我が家の間取りと採用オプション②-1
こんにちは!!これから何回かに分けてLDKの間取りについて記事にしたいと思います。過去の「玄関ホールの間取り、オプション」は下記にリンクを貼っておきます。これが我が家のLDK+リビングイン階段です。...
我が家の間取りと採用オプション②-2
こんにちは!!今回は前回の「リビング編」に引き続き「ダイニング編」です。ダイニングはLDKで一番こだわった場所であり、一番悩んだ場所であり、一番不安な場所となっています。その理由は食卓の頭上に吹き抜...

キッチンはリビング、ダイニングと比べてオプションが多めとなっています。

といっても多く人が採用するオプションとなってるため至って普通のキッチンですが。

カウンター

ワイドカウンターを採用しています。

出典:一条工務店

採用した理由の1つ目は作業スペースの広さです。

妻の日々のストレスは、現在の賃貸マンションのキッチンは狭く家族4人分のお皿などを置くスペースがないことです。

そのため、とにかく広さ優先です。

2つ目は収納スペースの確保です。

ワイドカウンターのダイニング側には両サイドに引き出しタイプの収納があります。

ダイニングテーブルで使いそうなハサミやペン類など文房具や取扱説明書を入れておくつもりです。

この収納の使い方は多くの一条オーナーがブログに書いているため、めちゃくちゃ参考になります。

小さい家ではいかに無駄なスペースを無くすかを考えるため、生活をイメージして収納する物など具体的に考えておく必要があります。

水栓

LIXILのタッチレス水栓を採用しました。

出典:一条工務店 お住まい検討シート

これは定番だと思います。なんと言ってもオプション代が13,400円と格安となっています。

LIXILのホームページを拝見すると、「ナビッシュ」という製品の下位商品かと思われます。(間違っていたらすみません)

定価が78,000円と高額であるため、かなりお得なオプションです。

食洗機

深型を採用しました。

理由は多くの一条オーナーがブログ等で標準だとボールやフライパンなど大きめの物が入らないという記事を拝見したためです。

我が家の料理担当は妻です。私は全くと言っていいほど料理をしません。

妻の日々のストレスの2つ目が洗い物です。

食べ終わった後の流しの中の食器を見ていつもタメ息をついています。

食洗機の中に食器をぶちこんで洗剤入れてボタン押すだけなのでかなりの時短になります。

共働きの私達にとっては便利な家電なので採用しました。

この空いた時間を家族団らんの時間に使いたいと思っています。

IHクッキングヒーター(オールメタル シングル)

Panasonic製の「ラクッキングリル」となっています。

出典:Panasonic

詳細はPanasonicのホームページを見て頂けたらと思います。

採用理由はグリルの使い勝手が良さそうだからです。

冷凍のまま調理できたり、時短料理もできるそうです。

そしてグリル内の掃除が楽である点で採用に至りました。

出典:Panasonic

66,000円と高額ですが、食洗機と同様に時短は我が家には欠かせません。

カップボード

我が家はこの写真の下(ベースキャビネット)だけを採用しました。(米びつなし)

出典:一条工務店 お住まい検討シート

このベースキャビネットだけでもかなりの収納力があり、上(ウォールキャビネット)の部分は必要ないのではと判断しました。

収納力が多ければ多い程良いと思いますが、必要な物しか持たないようにしたいことと、予算を抑えるためベースキャビネットのみとしました。

上記の写真のような上下セットの物は293,000円となっていますが、我が家が採用したベースキャビネットのみの価格は144,000円となっています。

差額は149,000円とほぼ半分となっています。

抽選会で1等のプレミアムギフトが当たらなかったためウォールキャビネットの諦めがつきました。

このウォールキャビネットを不採用にした代わりに壁の高い位置に窓を採用しました。

窓に関しては今後紹介したいと思います。

自在棚

これも定番ですね。

家電収納タイプは見た目もスマートで採用している人もいますが、価格が236,000円と高額であるため我が家では断念しました。

その代わりに自在棚で代用しようと思います。といっても家電の収納は電子レンジだけの予定です。

パントリーとしても使用するつもりです。

出典:一条工務店 お住まい検討シート

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

キッチンの使い方やこだわった細かい部分は部分は後日紹介にしたいと思います。

今回はここまでです。

コメント