土地探しの方法②

こんにちは!!

コロナが落ち着かない中、自分の家がいつ建つのか不安になっていますが、皆さんはどうでしょうか??

前回の「土地探しの方法①」に引き続き2回目を掲載したいと思います。

「土地探しの方法①」の記事はリンクを貼っています。

土地探しの方法①
こんにちは!!現在、土地の契約は済んでいますが、我が家の土地探しは約1年半かかりました。土地探しの期間の平均は約1年くらいかかるそうです。中には5年以上探し続けて結局土地が見つからない人もいているそうです。反対に2...

では今回は「②ハウスメーカー、工務店の営業マンに探してもらう」についてです。

私たちは南港の体験laboや入居者宅訪問を行ったあとに一条工務店の営業マンから何軒か土地情報を教えてもらいました。

その時に営業マンが使用していたものが「レインズ」といわれる会員登録されている不動産会社しか閲覧できないサイトです。

以下は私個人の体験であり意見ですが、「レインズであれば掘り出し物件があるかも」と思っていましたが、なかなかそうはいきませんでした・・・

私の思う一般人がレインズのメリットは「①詳しい住所がわかる ②「交渉中」や「売却済み」などがリアルタイムにわかる」くらいかなと思います。

①に関しては3大不動産サイトでは大阪府○○市○○町○丁目までしか掲載されていません。これでは自分達では直接見に行くことが難しいです。

②に関しては3大不動産サイトではわからないため問い合わせする必要があります。問い合わせしても「もう売却済みです」など肩すかしをくらいます。それで済めば良いんですが、「他にも探してみます。」「頭金はどれくらいですか?」「どのような土地の条件ですか?」など個人情報を聞かれることがあります。これは結構うっとうしいです。

他にも「価格の相場把握」ができるそうですが、個人がレインズをじっくり使うことができないため把握しきれないと思います。

以上のようなメリットはありますが、3大不動産サイトにも乗っている物件がほとんどであり、新しい情報はあまり得られることはできませんでした。

一条工務店で仮契約をした後に提携の不動産屋さんを紹介されましたが、こちらもレインズを利用していたため期待はできなかったです。

このことから私は営業マンから随時レインズの情報を貰いながらも「自分で探そう!!」と決意しました。

意気込んで「自分で探そう!!」と思いましたが、これがまた大変で苦労しました・・・

苦労したことは今後記事にしたいと思います。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。次回は「③地元の不動産屋さんに依頼する」の記事を書きたいと思います。

コメント